>>Top

2016
寺田尚代日記展/日付入りの夢


Comments
Date
2016/3/28 ~ 2016/4/10

Location
写真屋「monogram(モノグラム)」2Fギャラリー

Message
2011年6月15日
人生ひっくり返ることが起きて、でもその日の写真はありません。
忘れられない写真というのは、忘れられない記憶と違うんだろうか?

2006年から撮り始めた日記写真の中から、2011年~の写真を展示します。
日記写真は今までも、ブログや自身のWebサイトで公開していますが、
そこにはない写真があります。でも、そこにしかない写真もあります。
その時に選ぶ写真と言葉、書き換えられていく記憶。
お時間ありましたらぜひお立ち寄りください。
2015
寺田尚代写真展「星のために/邂逅」


Comments
東京・学芸大学の写真店「monogram(モノグラム)」&オンラインストア スタッフブログ
Date
2015/3/23 ~ 2015/3/29

Location
写真屋「monogram(モノグラム)」2Fギャラリー

Message
ある夏の夜、星がやってきました
星は夜道をてらすわけでもなく、こぼれて落ちてくるわけでもなく
胸のブローチになりました

切れ目の物語
夏の夜から今日までと
その前ではすっかりとめくられたカードのように違うようだ

境界線がある

プリント:林和美(ナダール)/額装コーディネート:柿島貴志
2012
コーイ兄弟 映画サークルサークル上映会と寺田尚代写真展「バララックス」


Comments
Date
2012/4/22 ~ 2012/4/24

Location
ニューロカフェ

Message
僕らコーイ兄弟は、日本のどこかを撮り歩く映画兄弟です。
今回、写真家の寺田さんと共有した、関東の、あり得たかもしれない世界を、
それぞれの「眼」で発表することにしました。
それは、ミステリーサークルをつくるひとたちの世界です。
彼等は、関東のあらゆる場所を歩き回って、東京に隠れた秘密を暴き出します。
もしかしたら、寺田さんの写真と僕らの映画とでは、まるきりちがうものにみえるかもしれません。
それは僕らと彼女の眼はちがうから。
でも、その世界に生きるひとたちが関東のさまざまな町で息をしていた事実を、一緒に目撃してきました。
それはとても楽しかったのでどうしても伝えたいのですが、言葉だけでは伝えられるものではありませんでした。
そこで、僕らは映画で、彼女は写真で、あの瞬間をそれぞれが語り合うことにしました。
あの愉快だった瞬間を多くのひとと共有したくて。
そんなこんなで映画上映会と写真展示会。
みなさま、ぜひお越しください。

コーイ兄弟


ただずっと、同じ場所に居て写真を撮っていました。
共有することを許されたからです。
彼の見ているものを自分の目でも見てみたかった。

わかったことは、逆立ちしても同じものは見られないということ、
共有することの歯痒さ。

そして、撮影が終わる頃には画面の中の人達を愛しく思う自分が居ました。
ずっと一緒には居られないから、ずっと見続けようと思います。

寺田尚代
2010
寺田尚代写真展「境界線もない」


Comments
東京・学芸大学「monogram(モノグラム)」スタッフブログ
Poetic please! 柿島貴志(photta-lot)
Date
2010/11/23 ~ 2010/11/28

Location
カメラピープルストア&ライブラリー「monogram(モノグラム)」2Fギャラリー

Message
あの線を踏み越えれば一瞬で世界が変わるなんて
それは小さな小さな幻だ
世界は円をどんどん拡げていくだけで
境界線はどこにもない
きっと身に起こるすべての出来事は等しい

額装コーディネート:柿島貴志/協力:株式会社イーストウエスト